新潟をアクアリウムで癒したい。アクアリゾート
新潟の熱帯魚レンタルメンテナンス
タッチプール 体験のご報告です。

先日ご紹介済みタッチプール体験の様子をご報告させていただきます。

今回は新潟市西区「山五十嵐こども園様」のご協力のもと、タッチプールを1日設置をさせていただきました。

タッチプールが大きなサイズではない為、全クラス交代制での体験となりました。

虫メガネ・網・水の中も観察出来るようにクリアBOXも用意してみました。

子供達は普段見たり・触れたりすることのない貝を触ってみたり、網で魚を捕まえてみたり…などなど

とても楽しんでいただけたようです。

今回設置体験をしていただきました内容を踏まえ、弊社も本格的な貸し出しを行う前の準備としてとても良いきっかけとなりました。

たくさんの“ありがとう”のお声ありがとうございます!!

お向かいさんのスーパーアトレ花かいどう店様に錦鯉水槽を設置させていただいて早1か月半が経ちました。ゴールデンウィーク明けにアクアリゾート癒し活動の一環として、地域の皆様と働く方々に束の間の癒しを提供したい、と始まった7/2までの期間限定企画。あと数日となってしまいました。

 

先ほどアトレさんへ買い物へ行くと、【さよなら 錦鯉 そして ありがとう】と題して地域の皆様の声がお手紙として掲示されておりました!!店長さん経由で、ちらっと聞いていたものの、想像以上の数ととても多くの方々から喜びの声を目の前に涙が溢れそうでした。

アトレの従業員の皆様と地域の皆様、本当にありがとうございます!!!!

「錦鯉がいつもと違う様子で心配で…」と事務所まで足を運んでくださった方もいたりと、とてもたくさんの方たちに見ていただいて錦鯉たちも嬉しそうです。

錦鯉たちはさらなる人々を癒すために旅立ちますよ。

 

まだまだコロナウイルスに対する不安はぬぐえませんが、これからも少しずつ前に進んでいきたいと思います。

わたしたちも自分たちの仕事のあるべき姿や活動の意味に向き合えた貴重な時間でした。

 

 

 

 

アクアリウムで“癒し”と“感動”を。

AR Times2020 夏号 №19 表

〇お客様紹介【スーパーマルイ アトレ花かいどう店様】

〇おさかなコラム【外来生物について~コイやメダカも外来種!?~】

AR Times2020 夏号 №19 裏

〇スタッフ紹介【山田 勝】

〇小型水槽でコンパクトアクアリウム

〇タッチプール配達いたします!

〇アクアリゾートな日々:パース作成もできます!

藍藻(シアノバクテリア)除去のテスト中です!

水草水槽に生える藍藻(シアノバクテリア)がとっても厄介!

コケとは違い、非常に繁殖力が強い細菌類なので、美観を維持するにあたって対策が必要になってきます。

そこで!!藍藻を食べてくれるという数少ないお魚 通称『ペルマト』こと『ペルビカクロミス プルケール』を実際の水槽に入れて効果があるのか実験中です!

60センチの水槽にて1か月ちょっとが経過していますが、写真の通り効果が出てきております!!

はじめは、5匹の投入でしたが効果が見えずらかったため、プラス5匹の合計10匹を水足しのみで飼育。

底砂についていた緑藻がきれいになっています。

ルビカクロミス プルケールのコケ取りに向いているのは地味めな体色の幼魚~若魚と言われていますが、 成長するにつれて婚姻色が表れるようになり、「観賞魚」としても見応えのある魚なんですよ。

ヤマトヌマエビやオトシンクルスなどのコケ取り役と一緒に入れると効果が高いとのことで、もう少し観察をしながらテストを続けていきます☆