新潟をアクアリウムで癒したい。アクアリゾート
新潟の熱帯魚レンタルメンテナンス
キモ可愛い生き物⁉

こんにちは!

本日はキモ可愛い水槽内の人気者?「コブヒトデ」について紹介させていただきます。

その名の通り体の表面にはコブらしい突起物が生えています。

水槽内で飼育する為、アクアリゾートでは通常10~15センチくらいのコブヒトデをご用意していますが、自然界では大きいもので30センチくらいまで成長するものもいます。

ところでヒトデはどのようにして移動しているか分かりますか?

ヒトデの裏側を見ると分かるのですが、裏には切れ目のようなのが入っていて、その切れ目からは無数のヒダみたいのが生えており、その無数のヒダが伸び縮みをすることで進むのです。

ヒダの名前は「管足」といって、中心から放射線状に生えています。
また、移動だけでなく、このヒダはセンサーの役目を果たしていて、獲物の匂いや障害物を見分ける目のような役割をするのだそうです。

まるでオブジェのようにジッとしていることの多いコブヒトデですが、「先日お客様の水槽メンテナンス時にすごく活発に動くコブヒトデがいた!」と山崎から写真を撮ってもらいました♪

何かを感知していたのでしょうか⁉ 面白い生き物ですね✨

 

 

 

インターンシップ生が実習にきております✨

WaN 国際ペットワールド専門学校からインターンシップ生が実習にきております!

実際に現場を体験して「アクアリゾート」の仕事を見てもらう良い機会となれば嬉しいです♪

実習の1日目は、山崎にメンテナンスの同行でした。

『コケ取り』や『底砂の毒抜き』など実際の作業のサポートや体験もしてもらいました。

インターンシップ生はネイチャーアクアリウム学科に所属しているとのことで、

普段の学校でしたことがないようなことも、ちゃっかり体験してもらいました🐡

アクアリゾートのスタッフもWaN 国際ペットワールド専門学校の卒業生が多く、

自分たちもインターンの時はこうだったなぁと初心にかえる良い刺激になっております。

実習生にとっても、アクアリゾートにとっても充実した1週間になるといいなと思います✨

 

 

生体入荷時に発見👀!

カクレクマノミといえば映画のキャラクターでモチーフとなり、クマノミの仲間で最も人気のある種類です。

アクアリゾートのお客様にもとても人気なお魚です。

こちらのお魚は通常オレンジの地に3本のバンドが入ります。しかしこの白いバンドが乱れているものをイレギュラーバンドと区別することがあります。

ブリード個体では、バンドのラインが乱れた模様のイレギュラーバンドなものや、 バンド自体がないものなども存在します。またバンドだけではなく、ヒレに入る黒の強さなども微妙に異なってきます。

水槽のお魚をよーく見てください。魚にも個性があるのですね✨

アクアリゾートでも先日生体入荷後の作業中にイレギュラーバンドを発見しました👀!

どこが違うのか写真があるので見比べてみてくださいねー!!

 

 

 

先日、社内勉強会がありました✎

アクアリゾートにて定期的に開催している勉強会ですが、今回は実技スタイルの勉強会でした!

メンテナンススタッフの福井が淡水水槽のレイアウトについて実演しました。

アクアリウムを美しく見せるために重要なレイアウト方法についてです。

レイアウト全体のイメージをしながら岩組みをすることが特に重要だそうで✨

いかに狙って考えた隙間を作るかがポイントでした。

他にも、

流木の向き

アイテムを置く順番

水草を配置する順番

造花の向きなど

細部にこだわりと演出の仕方が盛り込まれていて、とても勉強になりました。

その技術と思考を、

言語化してアウトプットすることも勉強のひとつとなって皆で成長!

次はどんな勉強会になるか、見ているこちらもワクワクを感じました。

ぜひ設置してある水槽の魚はもちろん、レイアウトにも注目してみてくださいね!!!

お魚「フタイロカエルウオ」のご紹介(^^♪

本日は久しぶりにお魚の紹介をさせてください!

ご紹介させていただくお魚は体色が特徴的な「フタイロカエルウオ」です。

名前の由来にもある通り、体色が2色(フタイロ)藍色・黄色に分かれているのが特徴です。

そのキレイな体色も水質が悪かったりストレスがたまるような飼育環境で飼育すると体色が黒くなってしまい、全身がどす黒くなってしまうことがあります。

魚って意外に繊細なんですよね。どの海水魚にも言えることですが、ストレスを感じてしまうと体色が変化してしまうことが多いですのです。

体長は5~10センチほどです。

基本的に底生性の生物でなければどのような海水魚とも混泳させることが可能です。ただしライブロックのコケを食べることが多いため、ライブロック付近で生活をする海水魚には攻撃することがあります。その為同種複数飼育はNGです。

水槽内ではライブロックに隠れていることが多い為、たまにしかお目にかかれない隠れキャラですね。

顔も愛嬌があって、ヒョコっとライブロックから除く仕草が可愛い魚なのです。

弊社メンテナンススタッフもお客様の水槽をお掃除中に「ライブロックからヒョコっと顔を出した姿」が可愛いすぎて写真を撮ってきてくれました。

少し写真が見えづらいかもしれません… 探してみてください(^^♪